女性の美と健康講座

オリエナは年齢を重ねた女性の美しさを応援しています。肌や髪といった見た目のケアだけでなく、健康面やメンタル面など、
いくつになっても輝き続けるための情報を提供するコーナーです。

穏やかで快適な毎日のために・・・更年期前後のお口の悩み

2限目

唾液が減ると、どうなるの?

唾液分泌を促す方法を教えて!

更年期前後に多くみられるお口の悩みについてご紹介します。

花王株式会社 ヒューマンヘルスケア研究センター 矢納義高1989年入社。めぐりズムの前身となる商品などの開発に携わり、以降20年、オーラルケア研究一筋。

企画協力:生活者研究センター

唾液が減ると、どうなるの?

唾液の分泌量が減ると、どのような症状を引き起こすのでしょうか。

口内環境を清浄に整える唾液の役割

私たちが一日に分泌する唾液の量は、約1.5lにもなります。
実はこの唾液には、食べ物を消化するだけでなく、口内殺菌を洗い流したり、殺菌するなど、口内を清浄に保つ重要な働きがあります。
しかし加齢やホルモンバランスの乱れなど、様々な要因で唾液の分泌量が減ると、口内の浄化・殺菌作用が低下し、殺菌が繁殖してしまうのです。こうした口内環境の悪化が続くと、歯周病など重度な症状を進行させてしまいます。
かむ回数を増やしたり、水分をこまめにとったりして、唾液の分泌を促し、口内環境を清浄に整えることが大切です。

グラフ:唾液分泌量と細菌数 唾液分泌が減少する要因:加齢、疲労ストレス、ホルモンバランス、生活習慣、様々な口腔トラブルに!

TOPICS:一日に分泌される唾液の量はペットボトル一本分!

唾液分泌を促す方法を教えて!

年齢とともに減ってくる唾液の分泌量。日常生活で心がけたいポイントをご紹介します。

毎日の生活ですぐできる「3つの習慣」:1よくかむ、2唾液分泌を促す食べ物をとる、3水分をこまめにとる

ページの先頭へ

商品のご案内

  • 薬用
                    エイジングケア
  • 洗顔スペシャルケア
  • その他基本ケア
  • ヘアケア
  • 商品ラインナップ
会員登録はこちら
花王の安全基準
動物実験に対する考え方
化粧品等の使用上の注意について
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

ORIENA.jpでは、お客様の個人情報を保護するため、GMOグローバルサインのSSL暗号化通信を採用しております。

日本通信販売協会(JADMA)